表書きについて

オンラインショップでご指定いただける表書きをご紹介します。

日常の贈り物

紅白無地のし

ささやかな贈り物に使います。

粗菓

ささやかな贈り物に使います。

御礼

お世話になった方へ御礼の贈り物に使います。

季節の御挨拶

御年賀

松の内(元日から関東:1月7日、関西:1月15日)までの新年のご挨拶に使います。

寒中御見舞

松の内(元日から関東:1月7日、関西:1月15日)が明けてから立春(2月4日ごろ)までの冬のご挨拶に使います。

余寒御見舞

立春(2月4日ごろ)から3月上旬までの冬のご挨拶に使います。

御中元

一般的に、
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
の夏のご挨拶に使います。

暑中御見舞

土用の入り(7月20日ごろ)から立秋前日(8月7日ごろ)までの夏のご挨拶に使います。

残暑御見舞

立秋(8月8日ごろ)~8月末日の夏のご挨拶に使います。

御歳暮

一般的に、
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月上旬~12月下旬
の冬のご挨拶に使います。

祝事

寿(金銀鮑結)

婚礼全般に使います。

御祝(金銀鮑結)

婚礼のお祝いの贈り物に使います。

内祝(金銀鮑結)

婚礼のお祝いのお返しに使います。

御祝(紅白蝶結)

出産、成長、長寿、祭り事など、慶事一般(婚礼を除く)のお祝いの贈り物に使います。

内祝(紅白蝶結)

お祝い(婚礼を除く)のお返しに使います。

御出産御祝

出産のお祝いの贈り物に使います。

初誕生日御祝

満1歳の初誕生日のお祝いの贈り物に使います。

内祝(命名短冊)

出産のお祝いのお返しに使います。(命名短冊にはお子様のお名前、ふりがなを入れます)

命名内祝

お宮参り後の内祝の贈り物に使います。(通常、名入れはお子様のお名前、ふりがなです)

初節句御祝

誕生後初めて迎える節句(初節句、女児:桃の節句、男児:端午の節句)のお祝いの贈り物に使います。

初節句内祝

初節句のお祝いのお返しに使います。(通常、名入れはお子様のお名前です)

七五三御祝

七五三のお祝いの贈り物に使います。

七五三内祝

七五三のお祝いのお返しに使います。(通常、名入れはお子様の名前です)

御入園御祝

入園のお祝いの贈り物に使います。

入園内祝

入園のお祝いのお返しに使います。(通常、名入れはお子様のお名前です)

御入学御祝

入学のお祝いの贈り物に使います。

入学内祝

入学のお祝いのお返しに使います。(通常、名入れはお子様のお名前です)

御成人御祝

成人のお祝いの贈り物に使います。

成人内祝

成人のお祝いのお返しに使います。(通常、名入れは成人されたご本人のお名前です)

お誕生日御祝

誕生日のお祝いの贈り物に使います。

祝 結婚記念日

結婚記念日のお祝いの贈り物に使います。

還暦内祝

還暦(数え年で61歳)のお祝いの贈り物に使います。

厄除内祝

厄年のお祝いのお返しに使います。

お母さんありがとう

5月の第2日曜日に、母親への感謝を込めた贈り物に使います。

祝 母の日

5月の第2日曜日に、母親への感謝を込めた贈り物に使います。

お父さんありがとう

6月の第3日曜日に、父親への感謝を込めた贈り物に使います。       

祝 父の日

6月の第3日曜日に、父親への感謝を込めた贈り物に使います。

いつまでもお元気で

9月第3月曜日に、祖父母や高齢者の方への長寿のお祝いの贈り物に使います。

祝 敬老の日

9月第3月曜日に、祖父母や高齢者の方への長寿のお祝いの贈り物に使います。

快気祝

退院をしたご報告とお見舞のお返しに使います。

弔事

無地のし(弔事)

お香典返し、法要の引出物など、弔事に関して品物を送るときに。

御供

通夜、葬儀、法要のお供えのお品に使います。

粗供養

法要の際の引き出物として使います。

忌明志

四十九日(七七日忌)の法要の引き出物に使います。

志(弔事)

葬儀でお世話になった方への御礼。香典のお返し、法要の引き出物として(宗教に関係なく)使います。

その他

御見舞

病気のお見舞いの贈り物に使われます。

こころばかり

ささやかな気持ちを込めた贈り物に使います。

御餞別

転勤や転職、退職、転居などをする方への贈り物に使います。

ご挨拶

引越しのご挨拶や、各会の催しの慰労に使います。