たねや

さわやかな口あたりとふくよかな小豆の風味。
独自の「本生製法」で誕生した
みずみずしい味わい。たねやの水羊羹

さわやかな口あたりと
ふくよかな小豆の風味。
独自の「本生製法」で誕生した
みずみずしい味わい。
たねやの水羊羹

目指したのは限りなく「生」のやわらかさを持つ水羊羹。
たねやの和菓子職人は素材の配合から餡の炊き方など、さまざまな試作を10年以上繰り返してきました。そうしてたどり着いたのがたねや独自の「本生製法」です。

水羊羹を日保ちさせるため、容器に充填後さらに熱を加える方法がありますが、高温によって小豆の風味は損なわれてしまいます。
炊きあげた水羊羹を熱いまま、環境をコントロールしたクリーンルームで充填する。たねやはこの「本生製法」によって小豆本来の風味を活かすことに成功したのです。

理想を目指し試作をかさね、画期的な発想から生まれた「本生」の水羊羹。 みずみずしい口あたりはたねやの夏を象徴する一品となりました。

ご購入はこちら(商品一覧へ)

風味豊かな北海道産小豆

「たねや本生羊羹」に使用しているのは北海道の契約農場で収穫された粒よりの小豆。
昼夜の寒暖差がはぐくむ風味豊かな小豆は、同じ産地であっても1年1年少しずつ味が違います。
和菓子職人はその年ごとの特徴を見極め、水羊羹に一番適した小豆を仕入れています。
時には北海道の産地を訪ね、生産者の方々と小豆について語りあうことも。
お菓子の素材は自然のめぐみ。たねやのお菓子づくりでは素材と、それをはぐくむ方々とのつながりを大切にしています。

ふるさと近江の水

たねやのふるさと近江は、琵琶湖をかこむ山々が蓄えた地下水があちこちに湧き出す水の国です。
2002年に工場を設けた愛知川地域も良質な水に恵まれた場所。
鈴鹿山系からこんこんと湧き出る水は小豆と並び水羊羹に欠かせない大切な素材です。

たねや独自の本生製法

北海道産小豆を使い、きめ細かく炊きあげた水羊羹は愛知川工場に設けたクリーンルームに運ばれます。
水羊羹にかける熱を極限まで少なくするため、空調を徹底的に管理した空間でカップに充填(じゅうてん)する。これが小豆本来の風味を活かす「本生製法」です。

素材の繊細な味わいとなめらかな口どけをお届けする「たねや本生羊羹」。
この夏一番ののどごしをお楽しみください。